クラウドフォン導入前のチェック事項

クラウドフォン導入前のチェック事項

クラウドフォンの初期費用を徹底解説!

クラウドフォンの魅力は「初期費用」の安さ、導入のしやすさにあります。従来のビジネスフォンを導入するには工事費用や設備費用など、小規模なものでも20,30万円は。大規模なものになると100万円以上の初期費用がかかります。

その点、クラウドフォンであれば環境によっては初期費用が数万円ほど、維持費用も毎月数千円からとまさに格安です。しかし、従来のビジネスフォンを使用してきた方からすると、「どうしてそれほど安いの?」と疑問が湧いてくると思います。

そこで、今回はクラウドフォンの初期費用がなぜ安いのか、その理由について徹底解説していきましょう。

1.クラウドフォンの初期費用【工事関係】

クラウドフォンとは従来のビジネスフォンの設備、機能のほとんどをインターネット上に移したサービスのこと。「クラウドサービス」の一種として、最近少しずつ広まってきています。では、クラウドフォンの工事関係の初期費用をご紹介しましょう。

構内交換機の設置費は不要!

従来のビジネスフォンでは「主装置(構内交換機)」と呼ばれる設備を導入し、内線電話機とつなげることで外線や内線などの機能が使えていました。この主装置などを設置するには大掛かりな工事が必要となり、費用もかかります。

対して、クラウドフォンでは主装置の機能はすべてインターネット上にあります。インターネットにさえ接続できれば使えるので、大掛かりな工事は必要ありません。当然、主装置などの工事費用がなく、初期費用をぐっと抑えられるのです。

インターネットの工事は環境次第

クラウドフォンのようなクラウドサービスでは、端末がインターネットに接続さえできれば利用できます。つまり、クラウドフォンを導入するのに必須なのは「インターネット環境」のみ。インターネットの接続費用は数万円からととても安価です。

また、最近のオフィスはすでにインターネット環境が整備されています。ネット環境があれば新たに工事する必要はなく、さらに初期費用を抑えることが。クラウドフォンのような電話設備でもっとも費用のかかる、「工事」を不要にできる訳です。

2.クラウドフォンの初期費用【設備関係】

インターネット環境さえ整っていれば工事費用を、初期費用をグッと抑えられるクラウドフォン。ただし、クラウドフォンには工事費用の他にも初期費用となるものがあります。では、クラウドフォンの設備関係の初期費用を見ていきましょう。

クラウドフォンの契約費用

サービス内容にもよりますが、大抵のクラウドフォンには「契約費用(事務手数料)」がかかります。事務手数料は1グループをまとめて、または1回線ごとなどいくつかの種類が。数千円から数万円程度の差があり、チェックしておくのが良いです。

クラウド対応の電話機

クラウドフォンのサービス自体は安価に始められますが、通話するためには「クラウド対応の電話機(端末)」を準備する必要があります。すでに端末があるならいいですが、揃えるとなると1台あたり数万円が初期費用として加算されます。

スマホ等の端末代金

クラウドフォンの魅力は卓上の電話機だけでなく、ネット環境にさえつながればスマホやタブレットなどの携帯端末でも利用できることです。ただし、スマホ等を揃えるのにも端末代金が。社員がスマホを持っていれば、代用も可能です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、クラウドフォンにかかるであろう「初期費用」についてまとめてみました。従来のビジネスフォンと比較して、インターネットにさえつながれば使えるクラウドフォンは工事等もほとんどなく初期費用を抑えやすいです。

しかし、クラウドフォンを利用するにはインターネット環境の他に、クラウド対応の電話機やスマホ等の端末を準備する必要が。これら端末を揃えるのなら、端末代金としてそれなりの初期費用がかかります。台数によっては100万円以上も。

ぜひ、紹介した内容を参考に、クラウドフォンの初期費用をしっかり計算した上で導入するかを検討してみてください。