クラウドフォン導入前のチェック事項

クラウドフォン導入前のチェック事項

クラウドフォンって何?PBXとの違い

「ビジネスフォン(従来のPBX)」については皆さんもご存知かと思います。ビジネスフォンは社員同士でつながる内線として、顧客対応の外線として欠かせないもの。では、最近少しずつ広まってきている「クラウドフォン」はどうでしょうか?

クラウドフォンとはその名の通り、「クラウド」と「ビジネスフォン」が合わさったもの。「クラウドフォンって言われても…」とあまりピンッときていない方も多いはず。しかし、クラウドフォンはこれから増えてくるもので、知っておくと何かと便利です。

そこで、今回はクラウドフォンとは何か、従来のビジネスフォンとの違いと合わせてご紹介しましょう。

1.クラウドフォンとは?

冒頭で紹介した通り、クラウドフォンとは「クラウド」と「ビジネスフォン」が合わさったものです。基本的なサービス自体は、従来のPBX(ビジネスフォン)とほぼ同じもの。ですが、クラウドフォンならではの特徴もあるのでぜひ知っておきましょう。

クラウドフォンとは

クラウドサービスとは、従来は設備として設置する必要のあったものを、クラウド上(インターネット上)に移してサービスを提供するもの。例えば、オンラインストレージやSNS、クラウド会計システムやアプリケーションなどが挙げられます。

つまり、「クラウドフォン」とは従来は構内交換機など設置する必要のあったものを、クラウド上に移すことでサービスのほとんどをインターネット環境から利用できるようにしたもの。安価かつスピーディに導入できるのが魅力のサービスです。

従来のPBXとは

ビジネスフォン(従来のPBX)では「構内交換機」と呼ばれる設備などを設置し、オフィス内での内線や外線などを切り替えていました。その為、構内交換機などを設置するのに大掛かりな工事が、導入費用も多くかかっていたのです。

また、ビジネスフォンは同一のオフィス内でしか内線ができません。同じサービスを利用していても、本社と支社、オフィスが分かれていると外線となり通話料金が。ビジネスにおいて通話料金は、経理上のちょっとした悩みのタネとして有名です。

2.どのような電話機が使えるの?

安価かつスピーディーに導入できるなど魅力的な「クラウドフォン」。さらに、インターネットにさえ繋がっていればいいので、同じサービスを使っていれば離れたオフィス間でも内線通話ができ、国内外に関わらず通話料をぐっと抑えられます。

また、クラウドフォンはインターネットにさえ繋がる設備であれば使えます。例えば、既存のビジネスフォン(内線電話機)やIP-PBX、電話会議設備やスマホ(アプリケーション)、携帯電話などでも。今後、主流とされるのも納得です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、最近少しずつ広まってきている「クラウドフォン」とはどのようなサービスなのかについてまとめてみました。クラウドフォンとは、従来のビジネスフォンの設備をインターネット上に移して提供されるサービスのことです。

インターネットにさえ繋がっていればいいので、大掛かりな工事をする必要もなく、安価かつスピーディに導入できるのが魅力の1つ。さらに、従来の内線電話機だけでなくIP-PBXやスマホなど、様々な端末から利用できるのもポイントです。

ぜひ、紹介した内容を参考にしつつ、今後、クラウドフォンをどう活用していくのかを検討してみてください。